間接金融

間接金融について長所や短所をまとめてみた

メリット、デメリットからみる間接金融とは

間接金融とは当事者同士でなく、第三者を介して資金の調達を行うことをいいます。例えば、余剰資金を有している個人や企業が銀行などの金融機関に預金をしている場合、その資金は銀行を通して資金が不足している借り手へと融資がなされます。この調達方法が間接金融であり、逆に、企業などが株式の発行や債券の発行などによって直接的に市場から資金を調達することを直接金融といいます。間接金融とは資金を提供してる相手が分からないことも特徴としてあり、銀行などで預金者から集めた資金が誰に融資されているのか分からないことがこれにあたります。このことからも間接金融とはリスクが少ない方法の1つであることをあげることができます。ある面でメリットとなりますが、例えば、銀行が貸付をした企業が倒産しても、銀行が破たんをしない限りは預金者が差し入れをしている資金の安全性が保たれるということです。それは、個々の企業の破たん確率よりも金融機関の破たん確率が低いことからも知ることができます。デメリットとしては第三者がリスクを取る代わりに金利が低くなり、利回りが悪い状態になりやすいということです。反面、直接金融の場合にはその逆で利回りは相対的に高くなります。

直接金融と間接金融について

資金を持っている個人や企業が、国や企業などお金を必要としているところへ資金を融通することを金融と言います。金融には直接金融と間接金融があります。直接金融とは、貸し手が借り手へ直接資金を融通する方法です。企業や国などが直接金融によって資金を調達する場合、社債・株式・公債などを発行し、証券市場を通じて貸し手から直接資金を調達します。融通した資金を回収できないなどのリスクは、貸し手側が負っています。一方、間接金融とは、金融仲介機関が貸し手と借り手との間を仲介し、貸し手が借り手へ間接的にお金を融通する方法です。代表的なものとしては銀行預金があります。銀行は個人や企業から預かったお金を他の個人や企業などへ貸し出します。一定期間が経過した後、銀行は借り手となった個人や企業などから利息を受け取り、預金者へ利息を支払います。間接金融では、借り手が金融仲介機関へ債務を返済しない場合、貸し手である個人や企業ではなく、金融仲介機関がリスクを負います。金融仲介機関とは、預金証書や保険証書などの間接証券を発行する金融機関のことです。銀行のほか、信用金庫、保険会社などがあります。

間接金融によって生まれるメリットに関して

お金を借りたり貸したりするときには、直接的に貸す方法と間接的に貸す方法の二種類があります。この二つの違いを把握することで、メリットやデメリットを知ることが出来るでしょう。お金を直接貸すやり方を直接金融といいます。デメリットとしては、返済が滞った場合には、貸した人が負担をしなければいけません。お金を間接的に貸す方法のことを間接金融といいます。日本で言えば、銀行や証券会社がこれにあたります。お金を貸した人が負担を負うのではなく、銀行などの間接的な仲介人がリスクを負います。お金を貸す人には負担がないのが間接金融の特徴です。仲介としてはいっている銀行や証券会社が負担をしなければいけません。日本は間接金融によって成長を遂げてきました。しかし、直接金融が使われる場面も増えてきています。直接の場合には、お金を貸すひとをしっかりと見極める必要があります。返済できなくなった場合には、損をする確率が高くなるからです。

資金調達の種類 直接金融と間接金融

何か事業を始める際には資金が必要になります。この資金を調達する方法には直接金融と間接金融の2種類があります。直接金融はその名の通り、資金を提供する側と資金を受け取る側が直接やりとりをする方法です。企業が株式や社債などの債券を発行し、投資家らがそれらを購入することで資金を得ます。尚、社債には様々な種類があり、中小企業でも資金を調達しやすいのが少人数私募債というのがあります。少人数に対して発行する社債になりますが、自治体によっては補助金が出る場合もあります。一方間接金融とは、資金を提供する側と資金を受け取る側の間に金融機関が介入してやりとりをする方法です。銀行が個人や企業から預かっている預金を銀行の判断で資金を必要としている企業や個人などに貸し付ける仕組みとなっています。この間接金融を特徴として、万が一資金を受け取った側が倒産して資金の返済が困難となった場合、原則として金融機関がその責任を負うことになります。そのため銀行の負担が大きいので近年では直接金融が拡大してきています。どの種類の資金調達が良いか、事業を開始するにはまずここから考えてみましょう。お金を借りたい人が最初に見るサイト⇒総量規制対象外カードローン比較【銀行ローン攻略法】


ホーム RSS購読 サイトマップ